コンテンツにスキップする

欧州銀の高リスク債、債券市場で今年最高のパフォーマンスの1つに

  • AT1債、ユーロ建て換算でプラス20%近いリターン
  • 利回り追求の投資家には「抗し難いテーマ」-ブルーベイ

欧州の製造業には低迷の兆しが見られ、経済成長も鈍化しているかもしれないが、運用者らは銀行システムだけは大丈夫だと考えている様子だ。

  そのおかげで、最もリスクの高い銀行債である「その他ティア1債(AT1債)」のリターンは、ユーロ建て換算でプラス20%近くと、そのパフォーマンスは今年の債券市場で最高の1つ。米国の投資適格債や欧州のジャンク債などのセクターよりも高いリターンを生み出す方向にある。規制変更に絡みAT1債の発行は増えているが、投資家の購入意欲も旺盛だ。

  発行残高2000億ドル(約21兆7200億円)余りのAT1債は、クーポン(表面利率)が高いこともあって平均イールドが4.7%前後。これに対しユーロ建て投資適格社債は13日の時点で平均0.5%にすぎず、米ドル建て社債は12日の段階で3%程度だった。

  ブルーベイ・アセット・マネジメントのシニアポートフォリオマネージャー、マーク・ステーシー氏は最近のリポートで、「投資家は利回りを求めており、欧州の銀行のAT1債市場ほど抗し難いテーマはほとんどない」と指摘した。

  「抗し難い」理由の1つは、近年の規制強化が金融システム崩壊を防ぐと期待されているためだ。運用者らは、リセッション(景気後退)に見舞われたとしても比較的マイルドで、銀行に深刻な問題を引き起こすこともないと暗に想定している。

A Good Year For Risky Bank Bonds

Investors reach for yield with Additional Tier 1 notes

Source: Bloomberg Barclays indexes

原題:
Risky Europe Bank Bonds Have Been One of 2019’s Top Credit Bets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE