コンテンツにスキップする
Photographer: Peter Foley/Bloomberg

PIMCO、「包括的な」米中貿易合意はまだ遠い

The Northern Jubilee container ship sails into New York Harbor in New York, U.S., on Sunday, Nov. 3, 2019. President Donald Trump said that the U.S. hasn't agreed to roll back all tariffs on China, muddying hopes raised by China and even some of his own aides that the U.S. was ready to lift some tariffs to secure a trade deal.
Photographer: Peter Foley/Bloomberg

パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)のニコラ・マイ氏は、米中の当局者らが主張の溝を埋め包括的な貿易合意に達するのを待って息を詰めることはしない。

  ロンドンを拠点とするソブリンクレジット担当アナリスト兼ポートフォリオマネジャーの同氏は、緊張を一段と悪化させるのを防ぐ限定的な合意は予想しているものの、より実体のある停戦の可能性はまだないようだと、14日のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで語った。

  「包括的な合意に至るには技術移転や知的財産など、より重大な問題に対処する必要がある。まだそこから遠いように見受けられる」と述べた。

ニコラ・マイ氏が米中貿易交渉について語る

原題:
Pimco Says a ‘Comprehensive’ U.S.-China Deal Is Still Far Off(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE