コンテンツにスキップする

中国の新築住宅価格、10月も上昇率鈍化ー18年3月以来の低い伸び

  • 主要70都市の価格は前月比0.5%上昇にとどまる
  • 価格の軟調は、地方の経済拠点を中心とする2級都市で最も顕著

中国の新築住宅価格の上昇率は10月に5カ月連続で鈍化した。中国の経済成長が既に貿易摩擦や内需不振で打撃を受ける中、不動産セクターがさらに重しとなる可能性があることが示唆された。

  • 国家統計局が15日発表したデータによると、主要70都市の新築住宅価格(政府支援住宅は除く)は前月比0.5%上昇と、2018年3月以来の低い伸びとなった
  • 価格の軟調は、地方の経済拠点を中心とする2級都市で最も顕著で、約3分の1の都市で価格が下落した
Home-price growth is fading fastest in bigger cities

原題:Home-Price Growth in China Is the Weakest Since March 2018 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE