コンテンツにスキップする

バークシャーがアップルやウェルズF株削減、RH追加-7~9月13F

  • 持ち分が最も大きく減ったのはウェルズとフィリップス66
  • オキシデンタル・ペトロリアムと家具会社RHを新規購入

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイは7-9月(第3四半期)に、アップルやウェルズ・ファーゴ、フィリップス66など、投資規模が大きい銘柄の一部について持ち分を減らした。14日の当局への届け出で明らかになった。

  持ち分が最も大きく減ったのはウェルズとフィリップス66で、フィリップス66株は6.7%減だった。バークシャーは、ウェルズの持ち分を10%以下に抑えており、最近はそのレベルに近づいていた。

  一方、エネルギー資源会社オキシデンタル・ペトロリアム普通株と家具会社RHの株式を新たに購入。バークシャーのフォーム13F申請が明らかになった後、RH株は時間外取引で一時7.3%急伸した。

  アップル株の削減はわずか0.3%で9月末時点の投資評価額は557億ドル(約6兆円)。バフェット氏は、規制上の限度内に収めるためウェルズ株を売却してきたが、バンク・オブ・アメリカ(BofA)の持ち分を10%を超えて高める可能性について現在、連邦準備制度に許可を求めている

関連記事

バークシャーの13Fはここをクリック

バークシャーの13Fの分析はここをクリック
すべてのフォーム13Fの分析はここをクリック

原題:Buffett’s Berkshire Cuts Apple and Wells Fargo Bets, Adds RH (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE