コンテンツにスキップする

エヌビディア、8-10月売上高は市場予想上回る-見通しは低調

  • ゲーム用GPUの需要回復が予想より鈍いことを示唆
  • データセンター向けは前四半期比で力強い伸び見込む

エヌビディアの8-10月(第3四半期)売上高はアナリストの予想を上回ったが、11-1月(第4四半期)については低調な見通しを示し、ゲーム用画像処理半導体(GPU)の需要回復が予想より鈍いことを示唆した。

  14日の発表資料によると、8-10月期の売上高は30億1000万ドル(約3260億円)、一部費用を除く1株利益は1.78ドル。ブルームバーグが集計したアナリスト予想は1株利益1.57ドル、売上高29億ドルだった。

  11-1月期の売上高は29億5000万ドルのプラスマイナス2%を見込む。アナリストの予想平均は31億ドルだった。

  エヌビディアは、データセンター向け半導体事業について前四半期比で力強い伸びを見込んでいるとしたが、ノート型パソコン向けの「GeForce」GPUなどの季節的な落ち込みで一部相殺されるとの見通しを示した。

  決算発表を受け、同社の株価は時間外取引で一時1%上昇。通常取引終値は209.79ドルだった。

Nvidia's Data Center Sales on The Rise Again?

Growth stalled on inventory build up

Source: Company data

原題:
Nvidia Quarterly Sales Top Analysts’ Estimates; Forecast Misses(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE