コンテンツにスキップする

NY連銀、従来より長期のレポオペを計画-年末の市場リスク軽減へ

米ニューヨーク連銀は向こう1カ月以内に従来より長期のレポオペを行う計画を発表した。

  ニューヨーク連銀のウェブサイトによると、当局は42日物オペを2回実施する。うち1回は最大で250億ドル(約2兆7100億円)、もう1回は150億ドルとなる。同連銀は28日物で150億ドルを計画するほか、従来通り13日物と14日物、15日物でも実施する。

  オペの日程も発表され11月19日から12月12日の実施で、一部は年をまたぐことになる。年末年始については資金調達市場逼迫(ひっぱく)の可能性が一部で指摘されている。

原題:Fed Plans Longer Repo Actions to Mitigate Year-End Market Risks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE