コンテンツにスキップする

カラニック氏、ウーバー株をさらに売却ー計7.11億ドル相当を手放す

  • 610万株を売却、数日前も保有していたウーバー株の2割を処分
  • 売却を制限するロックアップ期間は先週終了

配車サービス大手、米ウーバー・テクノロジーズの共同創業者トラビス・カラニック氏(43)は、同社の株式610万株を売却した。同氏は数日前にも保有していたウーバー株の2割を売却したばかり。今月だけで7億1100万ドル(約772億円)相当の株式を手放した。

  ウーバーが13日付で監督当局へ提出した届け出によると、カラニック氏はウーバー株1億6400万ドル相当を売却した。先週は約5億4700万ドル相当の持ち株を処分した。

  5月に新規株式公開(IPO)を実施したウーバーは、内部関係者や初期投資家の売買を180日間制限するロックアップ期間を設けていたが、これが先週終了した。

原題:Kalanick Has Now Sold $711 Million of Uber Since Lockup Expired(抜粋)

Uber Ex-CEO Kalanick Grabs Slice of India’s Cloud Kitchen Arena

トラビス・カラニック氏

撮影: David Paul Morris/Bloomberg

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE