コンテンツにスキップする

香港で働くのはこういうこと-地獄の通勤、催涙ガス、商売あがったり

  • 重要度の低い会議中止し、在宅勤務を奨励-小売店やモール早じまい
  • 通常40分の通勤に3時間、仕事をしたのは4時間だけという従業員も

香港のビジネス街にあるベビー用品店、荷花親子では、勤め先の昼休みにおもちゃやおしゃぶり、ベビーカーを買いに訪れる顧客の数が急減した。

  13日には店内はほとんど無人だった。店員によれば、今週の売り上げは通常から80%減っている。この店員への取材直後に、店舗からほど近い香港証券取引所の周辺に抗議活動家が集まり始めた。

Hong Kong Protester Shot by Police in Morning Commute Chaos

警察の催涙弾から逃れショッピングモール内に避難する人たち(11月11日)

  今週は香港で反政府デモが始まってからの5カ月で最悪の週の1つとなり、同地で営業する企業とその従業員らは混乱を回避することがますます難しくなったと感じている。

  これまで抗議活動はほぼ週末に限定されていたが、この3日間は朝のラッシュアワーに広範囲で交通がまひ、主要なオフィスビルの前で催涙弾が発射され、国際的な銀行やその他の企業は従業員の安全に関する懸念を深めている。一部は重要度の低い会議を中止し、在宅で勤務することを奨励。小売店やショッピングモール、レストランは早めに店じまいをしている。

シティの行員が香港で拘束-違法な集会避けるようにと銀行警告

  香港中心部にある上場企業でバックオフィスの仕事をしているキミーさんは11日、通常は40分のところ通勤に3時間かかり、仕事をしたのは4時間だけだった。交銀国際の調査責任者、洪灝氏は複数の会議をキャンセルした。また、チームのメンバーが交通渋滞でオフィスにたどり着けず、一部の仕事ができなかったという。

  もちろん、こうした香港で働く人々の多くは抗議活動を支持している。しかし、ほとんど終わりの見えない政治危機の中で、香港で営業する企業と香港経済への影響も無視できなくなっている。

Hong Kong Protester Shot by Police in Morning Commute Chaos

警察に催涙スプレーをかけられるオフィスワーカーと抗議参加者(11月11日)

Police Warn Hong Kong On Brink of ‘Total Breakdown’

交差点を占拠するデモ参加者とトラムの乗客(11月12日)

City of Unrest

Hong Kong has seen widespread protests over the past three days

Source: Bloomberg reporting

Police Warn Hong Kong On Brink of 'Total Breakdown'

砕けたガラスに覆われたショッピングモールの入り口(11月12日)

原題:Working in Hong Kong: Hellish Commutes, Tear Gas, Tumbling Sales(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE