コンテンツにスキップする

WeWorkの7-9月純損失は約1400億円-前年同期の2倍強

更新日時
  • 債券保有者に財務文書を提示-売上高は9億3400万ドルに増加
  • 「厳しい時期」だったと共同CEOはスタッフに説明

シェアオフィス事業を展開する米ウィーワークの7-9月(第3四半期)純損益は12億5000万ドル(約1360億円)の赤字だった。売上高を上回る額となり、前年同期の2倍強に膨らんだ。同四半期は新規株式公開(IPO)の準備に伴い支出が増加した時期と重なった。

  ウィーワークが債券保有者に13日提示した財務文書をブルームバーグが閲覧した。それによると、同四半期の売上高は9億3400万ドルと前年同期の4億8200万ドルから増加した。ウィーワークの親会社ウィー・カンパニーの広報担当者は財務文書についてコメントを控えた。

  共同最高経営責任者(CEO)のアーティー・ミンソン、セバスチャン・ガニンハム両氏はスタッフに宛てた13日の電子メールで、7-9月期は同社にとって「厳しい時期」だったとし、「収益性への明確な道筋を提供する」計画を策定中だと説明。これには資産の売却や人員削減が含まれるとした。ブルームバーグが同メールを閲覧した。

  ウィーワークは既に人員削減に着手しており、規模は数千人に達すると予想されている。同社では共同創業者のアダム・ニューマン氏が9月下旬にCEOを退き、IPO計画は同月末に撤回された。財務文書によると、9月末の保有現金は20億ドルだった。

  同社は9月の業績に基づき、向こう1年で42億ドルの売り上げを見込んでいるとした。2018年の売り上げは18億ドルだった。

原題:
WeWork’s Quarterly Loss Doubled to $1.3 Billion as IPO Faltered(抜粋)

(スタッフ向けメールなどを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE