コンテンツにスキップする
Photographer: Akos Stiller/Bloomberg

ビットコインは売りシグナル近いとの見方、一時8700ドル割れ寸前

  • ビットコインは50日移動平均を既に下回っている
  • 200日移動平均割り込めば売りシグナルを発することになりかねない
A token representing Bitcoin virtual currency sits among cables and LED lighting inside a 'mining rig' computer in this arranged photograph in Budapest, Hungary, on Wednesday, Jan. 31, 2018. Cryptocurrencies are not living up to their comparisons with gold as a store of value, tumbling Monday as an equities sell-off in Asia extended the biggest rout in global stocks in two years.
Photographer: Akos Stiller/Bloomberg

仮想通貨ビットコインは13日のニューヨーク時間帯の取引で一時0.6%下落し、8708.5ドルの安値を付けた。終値は0.1%安の8753ドル。

  ビットコインの50日移動平均と200日移動平均との取引レンジは、6月以降で最も狭くなっており、これは転換点が近いことを示唆する可能性がある。ビットコインは50日移動平均を既に下回っており、さらに200日移動平均を割り込めば、売りのシグナルを発することになりかねない。

  ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、マイク・マクグローン氏は電話取材で、「昨年の弱気相場を再びたどりつつあるというのが、今の市場の動きを説明する最善の方法だろう」と指摘した。

A drop below 200-dma could trigger sell signal

原題:Bitcoin Close to Sounding Sell Alarm as Recent Rally Cools(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE