コンテンツにスキップする

グーグル、シティと提携-消費者向け当座預金口座サービス提供へ

  • ユーザーは「グーグルペイ」を通じて口座にアクセス可能
  • 金融サービス分野に参入するテクノロジー企業相次ぐ

グーグルは消費者向けの当座預金口座サービスを提供するため、米銀シティグループならびにカリフォルニア州の信用組合と提携した。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  同サービスは2020年に開始され、シティグループが金融やコンプライアンス面における必要事項の大半に対応する。このプロジェクトがまだ公表されていないとして、関係者は匿名で話した。顧客は同社の決済アプリ「グーグルペイ」を通じて口座にアクセスできるという。

  シリコンバレーのテクノロジー企業は、顧客基盤を拡大し顧客の金融データを集積しようと、相次いで金融機関の事業領域に進出している。金融業界にとっての悪夢は、大手テクノロジー企業が中国での決済アプリ「アリペイ」や「ウィーチャット」の成功に倣うことだ。中国の同アプリを使うと、銀行を必要とせず資金がデジタルシステム内を流通する。

  米アルファベット傘下グーグルの担当者にコメントを求めたが、返答はまだ得られていない。シティグループもコメントを控えた。

  この計画については米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)がこの日、先に報じていた

原題:
Google Partners With Citi to Offer Customers Checking Accounts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE