コンテンツにスキップする

英インフレ率:10月は3年ぶり低水準、光熱費が新料金規制で値下がり

  • 前年同月比1.5%上昇、2016年11月以来の小幅な伸び
  • 英中銀は来年のさらなるインフレ鈍化、21年末まで目標届かずと予測

英国の10月のインフレ率は約3年ぶりの水準に低下した。ガス、電気料金の値下がりが影響した。

  英政府統計局(ONS)が発表した10月の消費者物価指数(CPI)上昇率は前年同月比1.5%と、2016年11月以来の小幅な伸びとなった。電気・ガス料金は当局により新たな料金規制が設定され、4.4%下落した。食品・エネルギーを除くコア指数は1.7%上昇と、前月から変わらず。

  インフレ率はイングランド銀行(英中銀)が目指す2%を大幅に下回っており、週平均賃金上昇率の半分にも満たない。中銀は来年はさらにインフレが鈍化すると予測しており、2021年末まで目標値を下回って推移するとみている。

   

Cheaper energy pushed inflation to its lowest rate since 2016

  

原題:U.K. Inflation Hits 3-Year Low as Energy Price Cap Takes Effect(抜粋)  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE