コンテンツにスキップする

テスラ、中国での量産開始に向けて現地当局から承認取得

  • 行政面での手続きで最後のハードルの一つをクリア
  • テスラが中国で生産したEVの現地販売の開始近づく

電気自動車(EV)メーカーの米テスラは、中国での量産開始に向けて現地当局から承認を得た。同国で組み立てたEVを現地販売する上で最後のハードルの一つをクリアした。

  中国工業情報省が13日ウェブサイトで量産認可を明らかにした。テスラは今月、試験運用の一環として同社の上海工場で組み立てた1台目のEVを公開している。

  テスラはまず「上海ギガファクトリー」でセダン「モデル3」を生産する。上海工場は同社が本格的な世界展開を図れるかどうかを見極める試金石となる。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は12日、ベルリンにも工場を建設し、世界的な製造拠点網を完成させると発表した。

Tesla Inc. unveiled its first vehicles built in China

テスラ初の中国で組み立てられたEV

原題:Tesla’s New China Plant Gets Permit to Start Mass Production(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE