コンテンツにスキップする

伊フェラガモ、7ー9月の売上高が45%減ー香港の抗議活動の影響で

イタリアのファッションブランド、サルバトーレ・フェラガモの香港での7-9月(第3四半期)売上高は前年同期比45%減となった。香港で数カ月にわたり続いている抗議活動の影響で、観光客や地元住民の支出が抑えられた。

  同社の売り上げ減は、他の有名高級ブランドへの影響を上回った。「ルイ・ヴィトン」や「ジバンシー」のブランドを持つフランスのLVMHモエヘネシー・ルイヴィトンは香港での7-9月の売上高が25%減、グッチを抱えるケリングは35%減との概算を発表していた。

  フェラガモの12日の発表資料によると、中国での1-9月の売上高は為替変動の影響を除いて15%増となり、中国本土での力強い成長が香港での売り上げ減を相殺した格好だ。付加価値税の引き下げにより、中国の消費者は既に、香港などの観光地へ旅行に行き買い物をするよりも、高級品をより多く国内で購入するようになっていた。

Police Warn City On Brink of ‘Total Breakdown’

香港での抗議活動(11月12日)

原題:
Ferragamo Says Hong Kong Protests Slashed Local Retail Sales 45%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE