コンテンツにスキップする

デジタル人民元、「コントロール可能な匿名性」目指す-穆所長

  • 一般人の情報を完全に管理すること目指しているのではない
  • デジタル通貨計画は資本市場や貿易金融センターをターゲットとせず

中国人民銀行(中央銀行)デジタル通貨研究所の穆長春所長は12日、人民元のデジタル版発行に向け取り組む中で中国は匿名性についての懸念と機能性の間でバランスが取ることを望んでいると述べた。

  穆所長は「シンガポール・フィンテック・フェスティバル」のパネル討論会で、「一般の人々が求めているのは紙幣や硬貨を使用することで保持される匿名性だ」と指摘し、「われわれは一般人の情報を完全に管理すること目指しているのではなく、取引において匿名性を求める人々」のために「コントロール可能な匿名性」を採用しようとしていると話した。

  同時に、マネーロンダリング(資金洗浄)対策やテロ資金調達との闘いなどを可能にするために「バランスを保つ」と説明した。

  穆所長によれば、現時点で中国のデジタル通貨計画は資本市場や貿易金融センターをターゲットとしていない。将来のいずれかの時点でそうした状況になり得るかもしれないが、「遠い先」だと語った。

関連記事
デジタル人民元、近く発行か-中国スマホ決済大手に忍び寄る脅威(10月配信)
ブロックチェーンの未来は中国にあり、でも浮かれるな-共産党が警告(10月配信)

原題:
PBOC Wants ‘Controllable Anonymity’ in China’s Digital Currency(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE