コンテンツにスキップする

アルゼンチン債が過去最安値-投資家がデフォルトを懸念

アルゼンチン債相場は12日、過去最安値に下落した。フェルナンデス次期大統領が就任後にどうのような政策を推進するかについて詳細が判明しない中、投資家がデフォルト(債務不履行)のリスクを懸念した。

  2028年償還のドル建て債は1セント足らず下げて額面1ドル当たり35.728セントと、過去最安値を付けた。21年償還債は2週間ぶりの大幅な下げとなり、過去最安値の同42.07セントを記録。100年債は同37.455セントに値下がりした。

原題:
Argentine Bonds Drop to Record as Investors Fret About Default(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE