コンテンツにスキップする

香港金融街に再びデモ参加者-保安局長は「想像もできない」結果警告

更新日時
  • 全ての幼稚園と小中学校、特別支援学校は14日休校-香港教育局
  • 米議会が香港人権・民主主義法案可決なら断固たる措置-中国外務省

香港の金融街・中環(セントラル)では13日も抗議デモ参加者が集まり、交通に支障を来した。李家超保安局長は同日、暴力が続いた場合は「想像もできない」結果を伴いかねないと警告した。

  デモ隊は香港政府の対応と警察の戦術に対する怒りを示すため、朝のラッシュ時の交通を妨げるよう呼び掛けたことから、列車は始発から混雑した。破壊行為などを受けて東鉄線は全線で運転を見合わせた。多くのバス路線も停止し、複数の学校が休校となっている。

HONG KONG-CHINA-POLITICS-UNREST

中環に集まる抗議デモ参加者や会社員(13日)

  観光客や買い物客の人気スポットであり、昼食時は会社員で混み合う中環に人々が集まり始めた。交通量が多い徳輔道と畢打街の交差点にバリケードを設置する参加者がいる一方、消防車が通行できるように道路に散乱したれんがを片付ける人もいた。

  教育局は全ての幼稚園と小中学校、特別支援学校について安全を理由に14日は休校とすると発表した。

Police Warn Hong Kong On Brink of 'Total Breakdown'

早朝に九竜塘駅構内の窓をたたき割るデモ隊(13日)

  中国国営の新華社通信は論説で、「黒服の暴徒」による暴力はテロ行為に等しく、香港は「最も重大な岐路」にあると主張。数カ月に及ぶ抗議活動で、多くの市民が既に「二極化の異常事態に陥っている」とした上で、こうした異常な状況を放置すれば、社会が自らを正す時間はほとんど残らないと警告した。

  また、論説は「政治的な相違がある際は対話も可能だが、混乱や暴力の停止、香港の将来などの主要問題では、香港の人々は暴力に一致結束してノーと言うべきだ」と訴えた。

HONG KONG-CHINA-POLITICS-UNREST

香港中文大学で燃やされるバリケード(13日)

  香港政府のナンバー2、張建宗政務官はデモ隊による交通妨害を受けて李保安局長と共に臨んだ13日のブリーフィングで、混乱を収拾する能力はあると引き続き自信を示した。

  中国外務省の耿爽報道官は北京で同日開いた定例記者会見で、香港が中国から高度な自治を確保しているかどうか米政府に毎年の検証を義務付ける米議会の「香港人権・民主主義法案」を批判。同法案が可決された場合は国益を守るため断固とした措置を講じると話した。

原題:Schools Shut for First Time as Protests Rage: Hong Kong Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE