コンテンツにスキップする

テスラ、ベルリン近郊に欧州工場とCEO-中国の製造拠点に続き

From
  • ベルリン新空港近くにエンジニアリングおよびデザインセンター設立
  • 欧州の製造拠点設立と稼働は21年までかかる可能性が高いとしていた

電気自動車メーカー、米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は12日遅く、次の製造拠点をドイツの首都ベルリン近郊に建設する計画を発表した。

  テスラはベルリンの新空港近くにエンジニアリングおよびデザインセンターも設立する。マスクCEOはセダン「モデル3」の表彰を受けるため訪れたドイツで明らかにした。

  同社は上海郊外で組み立てた車の販売開始に向け準備を進めている。欧州工場の建設によって、テスラの脅威にすでに直面する既存の自動車メーカーのリスクが増す。欧州での製造拠点の設立と稼働には2021年までかかる可能性が高いとマスク氏は今年に入り述べていた。

  テスラの株価はこの日、1.4%高の349.93ドルと、終値ベースで2018年12月以来の高値で引けた。

原題:Tesla Plans to Build Next Factory Near Berlin, CEO Musk Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE