コンテンツにスキップする
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

トランプ氏、米金融当局を再び非難-マイナス金利敬遠は米国に打撃

The Marriner S. Eccles Federal Reserve building stands in Washington, D.C.
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

トランプ米大統領は米金融当局をあらためて非難。他国の中央銀行のようなマイナス金利を導入しないのは、米経済に痛みをもたらしていると述べた。

  トランプ大統領は12日、ニューヨークのエコノミック・クラブで講演し、「堂々と金利を引き下げる諸国とわれわれは盛んに競争している。実際にマイナス金利でローンを返済して支払いを受けている人は多くなった」と発言。

  トランプ氏は「私にも払ってくれ。 私もそのお金がほしい。米金融政策当局は許してくれないからだ」と述べ、笑いを誘った。 「おかげで米国は他国との競争で不利な状況だ」と続けた。

  同氏はさらに、「われわれが払っている金利は実際に高い。金利ははるかに低くあるべきだ」と主張。大統領に就任して以降の株価上昇を引き合いに、「米金融当局の協力が得られていれば」さらに25%高かっただろうと話した。

原題:
Trump Slams Fed Again, Says Shunning Negative Rates Hurts U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE