コンテンツにスキップする

イスラエル軍、ガザで過激派組織の司令官を殺害

イスラエル軍は12日、パレスチナ自治区ガザで過激派組織「イスラム聖戦」の幹部を殺害した。パレスチナは報復としてイスラエル領内に向けて複数のロケット弾を発射し、イスラエルも空爆で応じた。

  イスラム聖戦はまた、シリアのダマスカスで起きた別の幹部殺害もイスラエル軍の仕業だと非難。同幹部の息子を含む2人も殺害されたと主張した。イスラム聖戦は声明で「イスラエルは一線を越えた」と述べた。この攻撃については、イスラエルからの発表はない。

  イスラエル軍は未明の空爆でイスラム聖戦のバハ・アブアタ司令官を殺害した。イスラエルのネタニヤフ首相は同司令官が数々のイスラエル攻撃の首謀者であり、新たな攻撃も計画されていたと述べた。

原題:Israel Assassinates Gaza Commander, Shattering Uneasy Truce(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE