コンテンツにスキップする

ECBクーレ理事、市場金利制御のためノンバンクとの協力あり得る

欧州中央銀行(ECB)のクーレ理事は、短期金融市場の金利を制御していく上で保険会社や資産運用会社などのノンバンクにもECBバランスシートへのアクセス付与を検討することは可能だと述べた。

  クーレ理事は12日、フランクフルトで行われた短期金融市場に関するワークショップに出席し、余剰流動性がある場合において、ユーロ短期金利(ESTR)はこれまでのユーロ圏無担保翌日物平均金利(EONIA)よりも「制御しづらくなる可能性がある」という点が「起こり得るリスク」だと強調した。ESTRは実際の借り入れ環境をより包括的に反映させるために設計された新しい指標金利。

  例えばリスク回避の急激な高まりによって、ノンバンクからの流動性需要が落ち込めばESTRに上昇圧力がかかることになると、同理事は指摘。同時にノンバンクが場合によって中銀預金金利や銀行間取引金利を下回る水準で金利を支払おうとすることもあり得ると述べた。

  クーレ理事は「金融政策当局者がこの先、余剰流動性の変化がESTRの水準に及ぼす影響をそれほど望ましくないと考えるのであれば、当局者はECBのバランスシートの負債部分へのアクセスを金融市場の他の参加者にも広げることを検討できるだろう」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE