コンテンツにスキップする
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

世界の富裕層投資家、大規模な株売りに備える-UBSウェルス調査

  • 2020年末までに大幅な相場下落が起きると予想
  • 回答者の60%は手持ちの現金積み増しを検討
Pedestrians stand in front of monitors displaying the U.S. Dollar (USD) and Euro (EUR) exchange rate outside Morgan Stanley & Co. headquarters in the Times Square neighborhood of New York, U.S., on Monday, April 8, 2019. U.S. stocks pared losses as investors awaited signs of progress in the trade war with China ahead of the latest corporate earnings season.
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

世界の富裕層は2020年に混乱が起こるかもしれないと考え、事態に備えている。UBSグローバル・ウェルス・マネジメント(GWM)の調査で分かった。

  富裕層投資家を対象に行った調査によると、3400人を超える回答者の過半数が来年末までに大幅な相場下落を予測しており、平均資産の25%相当を現在現金で保有している。米中貿易摩擦を最大の地政学的な懸念事項と受け止めているほか、来年の米大統領選挙も資産ポートフォリオへの重大な脅威とみている。

  GWMの顧客戦略オフィサー、ポーラ・ポリト氏は「急速に変化する地政学的環境が世界の投資家にとって最大の懸念となっている」と述べ、「世界規模での相互接続性や変化に伴う反響が、これまでのような企業のファンダメンタルズ以上に資産ポートフォリオに影響を及ぼすとみられている。過去と比べて顕著な変化だ」と指摘した。

  リポートによれば、回答者の5分の4近くはボラティリティーが上昇する可能性は高いとみており、55%は2020年末までに大規模な売り浴びせがあると考えている。調査は8-10月に、投資可能な資産100万ドル(約1億900万円)以上を持つ投資家を対象に行われた。

  回答者の60%は手持ちの現金をさらに増やすことを検討しており、62%は資産クラスのさらなる多様化を計画している。

  ただ富裕層投資家の警戒は短期的な見通しに限られており、回答者の約70%は今後10年間の投資リターンについては楽観的だ。

relates to 世界の富裕層投資家、大規模な株売りに備える-UBSウェルス調査

原題:World’s Rich Readying for Major Stock Sell-Off, UBS Wealth Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE