コンテンツにスキップする
Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

シンガポール首位で香港が最下位、東京は2位-アジア不動産投資番付

  • 投資家は中国や香港を「地政学的な火種」とみている
  • 大阪は8位-アーバン・ランドとPwC公表のリポート
Commercial and residential buildings stand in Singapore as vehicles travel along the Causeway across the Straits of Johor at dawn in this aerial photograph taken above Johor Bahru, Johor, Malaysia, on Thursday, June 20, 2019. Malaysia's Prime Minister Mahathir Mohamad said he underestimated the challenges of governing the country before his shock election victory last year. “I underestimated because we were on the outside and we didn’t get any information on what was happening on the inside,” Mahathir said.
Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

アジアでは2つの不動産市場で明暗が分かれた。

  価格上昇の観点から見たアジア太平洋地域の2020年不動産投資見通しランキングで、シンガポールが首位となった。一方、数カ月にわたる暴力的な反政府デモに揺れる香港は、19年の14位から最下位に転落した。アーバン・ランド・インスティチュートとプライスウォーターハウスクーパース(PwC)が12日に公表したリポートで明らかになった。

  シンガポールは中国や香港を「地政学的な火種」として回避する投資家の関心の高まりから恩恵を受けた。シンガポールは17年のランキングでは、空室の急増や賃料の下落を受け、全22市場のうち東京やバンガロール、シドニーなどを下回る21位となっていた。 17年に香港は18位だった。

Most-Favored Nations

Singapore ranks No. 1 for real estate investment prospects while Hong Kong has plunged

Source: PwC, Urban Land Institute

原題:
Singapore Beats Out Hong Kong for Property Investment Prospects(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE