コンテンツにスキップする

WeWork創業者のファミリーオフィス、バーニーズへの投資検討か

  • 元ソロス・ファンド幹部がニューマン氏のファミリーオフィス率いる
  • バーニーズは8月に会社更生手続きの適用を申請
Accused of gender bias.
Accused of gender bias. Photographer: Scott Olson/Getty Images North America
Accused of gender bias.
Photographer: Scott Olson/Getty Images North America

シェアオフィス事業を手掛ける米ウィーワークの共同創業者、アダム・ニューマン前最高経営責任者(CEO)のファミリーオフィスは、8月に連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの適用を申請した米高級百貨店バーニーズ・ニューヨークへの投資を検討していた。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  協議が非公開であることを理由にこれら関係者が匿名で語ったところでは、ニューマン氏の資産を管理するファミリーオフィス、「166 2nd ファイナンシャル・サービシズ」はバーニーズの資金調達支援を検討した。同ファミリーオフィスは、ソロス・ファンド・マネジメントの元幹部、イラン・スターン氏が率いている。

  関係者の1人によると、同ファミリーオフィスはウィーワークの初期投資家、サム・ベンアブラハム氏率いるコンソーシアムに参加していた。ニューマン、アブラハム両氏は共にコメントを控えた。

原題:Adam Neumann’s Family Office Explored Bid for Barneys New York(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE