コンテンツにスキップする

ソフトバンクG出資のオンライン銀行、ゴールドマンが「売り」判断

In this photo illustration the Banco Inter logo is seen
Photographer: SOPA Images/LightRocket
In this photo illustration the Banco Inter logo is seen
Photographer: SOPA Images/LightRocket

ゴールドマン・サックスはブラジルのオンライン銀行バンコ・インターの投資判断を、「売り」で開始した。モルガン・スタンレーに続き弱気見解を示した格好だ。第3四半期決算が予想を下回ったことで、顧客ベースの急拡大を収益につなげる計画に疑念が生じている。バンコ・インターは、ソフトバンクグループが一部株式を保有する。

  ゴールドマンのアナリスト、ティト・ラバルタ氏は「バンコ・インターの成長見通しについて当行は前向きだが、現在の株価バリュエーションを正当化するには顧客ベースを効果的に収益化することが課題になるだろう」とリポートで指摘。優先株の目標株価は11レアルとし、現水準から約27%の下げ余地があることを示唆した。

  11日のサンパウロ市場でバンコ・インター株は一時、前週末比3.6%安となった。先週は週間ベースで9%余り下落した。

原題:
Goldman Says Sell SoftBank-Backed Brazil Fintech as Bears Mount(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE