コンテンツにスキップする

クレディ・スイス、投資銀行・資本市場部門責任者を交代

  • アマイン氏、ニューヨークのプライベートクレジット事業責任者に
  • 勤続22年のミラー氏が後任、新会長にエリック・バーベル氏

クレディ・スイス・グループは投資銀行・資本市場部門責任者を交代する。同行ではここ数カ月間、ウェルスマネジメント部門責任者の退社内偵問題など経営陣の混乱が続いている。

Key Speakers At The 2019 Milken Conference

投資銀行・資本市場事業CEOとなるデビッド・ミラー氏

  投資銀行・資本市場部門の最高経営責任者(CEO)であるジェームズ・アマイン氏が同職を辞任、取締役会メンバーからも退くことを決意した。今後はニューヨークを本拠とするプライベート・クレジット・オポチュニティーズ事業の責任者となる。アマイン氏の後任には勤続22年のデービッド・ミラー氏が指名され、同氏は取締役会メンバーにも加わる。

  投資銀行・資本市場部門は7-9月(第3四半期)に今年2回目の四半期赤字となり、1-9月の収入は前年同期比で27%減少した。

  同部門の会長にはアセットマネジメント事業責任者のエリック・バーベル氏、副会長にはハロルド・ボーグル氏が指名された。アマイン氏は新たな役職でバーベル氏の部下となる。

原題:
Credit Suisse Investment Bank Head Amine Is Stepping Down (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE