コンテンツにスキップする
Photographer: Jack Taylor/Getty Images Europe

英経済、リセッション入り回避-7~9月GDPは前期比0.3%増

  • 前年同期比では1%増と、2010年以来の低成長
  • 12月12日総選挙に注目、ジョンソン首相は過半数議席を狙う
LONDON, ENGLAND - OCTOBER 11: Trains arrive at and depart from Clapham Junction Station during the morning rush hour on October 11, 2018 in London, England. The Office of Road and Rail released its annual report on UK rail finance today. Net government support of the rail industry totalled £6.4billion in 2017-18 (not including Network Rail loans). This was £601million higher than 2016-17. The government received a net contribution from the train operating companies of £223million compared with £776million in the previous 12 months. (Photo by Jack Taylor/Getty Images)
Photographer: Jack Taylor/Getty Images Europe

英国の7-9月(第3四半期)国内総生産(GDP)が前期比0.3%増となり、英経済はリセッション(景気後退)入りを免れた。ただ投資が低迷し、景気は勢いを失っている。

  政府統計局(ONS)が11日発表した7-9月期のGDP統計によれば、英経済は2四半期連続のマイナス成長を回避したものの、市場予想を下回る成長率にとどまった。10-12月(第4四半期)に入っても景気の勢いはほとんど感じられない。

U.K. dodges recession but expansion remains weak

  ジョンソン英首相は12月12日の総選挙で与党・保守党の過半数議席獲得を目指しており、自らが欧州連合(EU)と取りまとめた離脱合意案を議会で通過させたい考えだ。

  エコノミスト予想では10-12月期GDPは0.2%増、2019年の年間では1.2%増と、約10年前の金融危機以来の低成長となる見込みだ。

  7-9月期GDPの内訳はこれまでのパターンと似ており、消費や政府支出は堅調だが、企業投資が低調だった。サービスと建設は拡大を示し、製造業は横ばい。

  7-9月期GDPに貢献したのは主に7月で、8月と9月はそれぞれ0.2%と0.1%の減少だった。7-9月期GDPは前年同期比で1%増と、2010年以来の低成長。

原題:U.K. Avoids Recession But Ends Third Quarter on Weak Footing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE