コンテンツにスキップする

ルーマニア大統領選、現職のヨハニス氏が前首相と決選投票へ

ルーマニアで10日実施された大統領選挙の第1回投票で、現職のヨハニス大統領が得票率トップとなった。ダンチラ前首相と2週間後に決選投票を迎える。

  ルーマニア評価・戦略機関(IRES)などの出口調査によると、政治的混乱が続くルーマニアで大統領を2014年から務めてきたヨハニス氏の得票率は約39%。先月首相の座を追われた社民党党首のダンチラ氏は同22%だった。

  ダンチラ氏は、ヨハニス氏が大統領に就任した以降に退任した複数の首相のうちの1人。この期間に社民党は汚職を働いた当局者への処罰緩和を試みたため、市民が反発、首都ブカレストでは30年前の共産主義崩壊以来の規模となる抗議活動が起きた。

原題:
Romanian President Set for Election Runoff With Rival Ex-PM (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE