コンテンツにスキップする
Photographer: Luis Antonio Rojas/Bloomberg

マクダーモットのスーパーシニア信用枠、事業再生融資への序曲か

  • 17億ドルの信用枠がDIPローンに転換の可能性-エクストラクト
  • 今月1日に24年償還債の利払い不履行、破綻観測高まる
Employee pass in front of the finished Abkatun-A2 oil platform at the Mcdermott International Inc. fabrication facility in Altamira, Tamaulipas state, Mexico, on Friday, Nov. 2, 2018. Mcdermott International was awarded the $454 million contract for engineering, procurement, construction and installation for Abkatun-A2 from Petroleos Mexicanos (Pemex) in 2016. Pemex is expected to start operating the oil platform in April 2019.
Photographer: Luis Antonio Rojas/Bloomberg

米エンジニアリング会社マクダーモット・インターナショナルの17億ドル(約1860億円)のスーパーシニア(弁済順位最上位)信用枠は、同社がこれをDIPローン(事業再生融資)に転換した場合の条件を示唆している可能性がある。

  この信用枠はタームローン13億ドルと信用状4億ドルで構成されている。極めて厳しいコベナンツ(財務制限条項)も盛り込まれており、経営破綻に伴いこの信用枠をDIPローンに転換した場合、同社に課せられる条件のひな形となる可能性があると、エクストラクト・リサーチの高利回り債アナリスト、バレリー・ポテンザ氏がインタビューで指摘した。

  同氏は信用枠について「DIPに似ているがDIPではない」と述べた。

  マクダーモットの担当者にコメントを求めたが、これまで返答はない。

  マクダーモットの2024年償還債の利払いは今月1日の期限に行われず、30日間の猶予期間が開始された。利払いが履行されなければ、米連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの申請を余儀なくされる。同社はまた、規制当局に提出した文書で破綻のリスクを警告している。

Bonds trade at highly distressed levels after skipped payment

原題:
McDermott Super-Senior Debt May Be Prelude to a Bankruptcy Loan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE