コンテンツにスキップする

英中銀の景気見通しに対するリスク、下方向に傾く-カーニー総裁

  • 2020年の経済成長率見通しを下方修正、09年以降で最低の成長に
  • ソーンダース、ハスケル両委員は0.25ポイントの利下げを主張

イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁は7日、金融政策発表後の記者会見で、同中銀の景気見通しへのリスクは「下方向に傾いている」との認識を示した。次の動きが利下げとなる可能性を示唆した。

  金融政策委員会(MPC)は政策金利を0.75%に据え置くことを7対2で決定した。ソーンダース、ハスケル両委員が0.25ポイントの利下げを主張した。

Rate Cuts

Money markets raise odds of BOE lowering rates amid MPC dissent

Source: Bloomberg

  併せて中銀は成長とインフレについての最新予測を公表。今後3年間で1回の利下げを織り込みつつある市場の予測を前提に、2020年の成長率見通しを1.2%と従来予想の1.3%から引き下げた。1.2%の成長率は09年以降で最低。

  カーニー総裁によると、今回の予測は今後数年の成長が財政政策による景気支援と世界経済の小幅な上向き、欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感の後退という3つに支えられることを想定している。「これは想定であり、その通りになるかどうかは今後の展開で分かる」と総裁は述べた。

関連ニュース

英中銀、政策金利を0.75%に据え置き-委員2人が予想外の利下げ支持

原題:Carney Says Risks to BOE Forecasts Are Skewed to the Downside(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE