コンテンツにスキップする

過去の勝者に賭けるクオンツファンド、過去最大の資金流出に直面

  • モメンタム重視のETFから10月に約16億ドルの資金引き揚げ
  • ここ数年は主にモメンタムが主役、いずれ必ず逆戻りする-バーク氏

上場投資信託(ETF)の投資家は、今年の勝者が勝ち続けることに賭ける戦略の負けを認めたようだ。

  モメンタム重視のETFから10月に約16億ドル(約1740億円)が引き出された。ブルームバーグ・インテリジェンスの2012年以降のデータによると、これは月間の資金流出としては過去最大。先月のスマートベータ型の中では最大の流出で、2四半期の純流入後のペースの変化を浮き彫りにした。

Mad Dash

Momentum ETFs suffer worst monthly outflow on record

Source: Bloomberg Intelligence

  資金流出の中心は「iシェアーズ・エッジ・MSCI米国モメンタム・ファクターETF」(運用資産89億ドル、ティッカーはMTUM)。ブルームバーグの集計データによると、ロングオンリー戦略の同ファンドは、投資家が10億ドル強を引き出し、過去最悪の月となった。

  パーソナル・キャピタルのクレイグ・バーク最高投資責任者(CIO)は「この極めて長期にわたる強気相場は成長が、そしてここ数年は主にモメンタムが主役だった。いずれこうしたサイクルは必ず逆戻りする」と指摘した。

原題:Quant Trade Betting on Past Winners Suffers Record Exodus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE