コンテンツにスキップする

英中銀、成長率とインフレ予想を下方修正か-政策金利据え置きの公算

  • 20、21年成長・インフレ予測引き下げと失業率上方修正の見通し濃厚
  • 最新情勢を中銀がどう解釈しているか知る手掛かりとなりそうだ

イングランド銀行(英中央銀行)は7日、金融政策委員会(MPC)の政策決定と議事要旨、最新の四半期インフレ報告をロンドン時間正午(日本時間午後9時)に公表する。

  欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感が引き続き経済を悩ます中で、政策金利は0.75%で据え置きとなり、成長率とインフレの見通しは下方修正される可能性が高いとエコノミストは考えている。

Annual Meetings Of The International Monetary Fund And World Bank

カーニー総裁

撮影:アンドルー・ハラー/ブルームバーグ

  英国では12月12日に総選挙が実施され、「合意なき離脱」の見込みは薄れたが、なお無数の結末が起こり得る。

  カーニー英中銀総裁は午後0時半から記者の質問に応じる予定だ。

  四半期インフレ報告は「金融政策報告」に名称が変更されるが、EU離脱を取り巻く最新情勢を中銀当局者がどのように解釈しているか手掛かりが示されることになりそうだ。

  ブルームバーグが調査したエコノミストの大多数が2020年と21年の成長およびインフレ予想が引き下げられ、失業率は上方修正されるとみている。8月時点の予測と比べてポンド相場が高いことや、需要の鈍化もインフレ見通し下方修正の公算が大きいことを示唆している。

Trailing the G-7

U.K. companies have been paralyzed by Brexit uncertainty

Source: Bloomberg Economics, IMF, National Statistics Agencies

Note: * = purchasing power parity

Gloomy Outlook

Analysts expect the BOE to lower its growth, inflation forecasts

Source: Bloomberg Survey

The woes afflicting the U.K. economy are spreading to the labor market

Brexit Blues

Boris Johnson's deal would knock more than 3% off U.K. output

Source: National Institute of Economic and Social Research, NiGEM simulation

Not Banking on Preparation

The next Bank of England chief will have 50 days at best to get ready

Source: Bloomberg calculations

Note: Next BOE governor assumes appointment on day after U.K. election

原題:BOE to Hold Steady as Brexit Fog Thickens: Decision Day Guide(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE