コンテンツにスキップする

EUV露光装置の対中出荷に遅れ、輸出ライセンス失効で-ASML

  • 対中輸出が遅れているのはEUV露光装置1台と広報担当者
  • ワッセナー取り決め不参加国への一部技術輸出、ランセンス必要

欧州最大の半導体製造装置メーカー、オランダのASMLホールディングは、極端紫外線(EUV)テクノロジーを中国に輸出するために必要なライセンスが失効していることを明らかにした。

  同社広報担当のモニク・モルス氏が電話取材に対し述べたもので、対中輸出が遅れているのはEUV露光装置1台だという。

  通常兵器および関連汎用(はんよう)品・技術の輸出管理に関するワッセナー取り決め(WA)に参加していない国に一部テクノロジーを出荷するには、ライセンス取得が義務付けられている。

原題:
ASML Responds to China EUV Shipment Delay; Says License Expired(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE