コンテンツにスキップする

ECBのホルツマン氏:金融政策は限界、一段の利下げに好影響ない

欧州中央銀行(ECB)政策委員会のメンバーであるホルツマン・オーストリア中銀総裁は、金融政策がその限界に達したとし、財政出動による景気対策の出番だと主張した。

  ホルツマン氏は6日にブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「金融政策はその限界に達した様子だ」と指摘。さらなる利下げは生産にもインフレにも前向きな影響を及ぼす公算が小さいとし、「このため財政政策が取って代わる必要がある」と語った。

原題:
ECB’s Holzmann Says Monetary Policy Has Reached Its Limit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE