コンテンツにスキップする

シカゴ連銀総裁:利下げによって米景気は良好な状態になった

  • リスク懸念に対し金融政策の調整で対応-エバンス総裁
  • 消費者の力強さ、直近データでも裏付けられていると考える

シカゴ連銀のエバンス総裁は、今年に入り実施した3度の利下げによって米国の景気は良好な状態になったと述べた。

  エバンス総裁は6日、ニューヨークの外交問題評議会での講演後記者団に対し、「リスクマネジメントを考慮に入れた適切な調整を図った」と語った。

緩和的な金融政策へ転換する必要性について話すエバンス総裁(左)

Source: Bloomberg

  総裁は「金融政策の内容は、経済が直面する現実的なリスク対して有効だ」と述べ、「インフレを2%にする上で適切だ」と指摘した。

  さらに「今の経済は良好な状態にある」と分析し、「個人消費は非常に力強い。直近のデータもそれを裏付けていると考える」と述べた。

原題:Fed’s Evans Says Rate Cuts Leave U.S. Economy in Good Place (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE