コンテンツにスキップする

タイ中銀が利下げ、過去最低の1.25%に-バーツ高抑制も強化

  • 利下げはこの3カ月で2度目-エコノミスト26人のうち16人が予想
  • バーツ高抑制に向けて資本流出規制も緩和へ

タイ銀行(中央銀行)は6日、政策金利の引き下げを発表した。利下げはこの3カ月で2度目となり、政策金利の水準としては過去最低に並んだ。バーツ高抑制に向けて資本流出規制も緩和する。

  タイ中銀の声明によれば、金融政策委員会は政策金利を0.25ポイント引き下げ1.25%とすることを5対2の賛成多数で決定した。ブルームバーグが調査したエコノミスト26人のうち、16人が0.25ポイントの利下げを予想していた。

  同中銀は既にバーツ高対策として短期の資金流入抑制策を講じてきた。今後は資本流出規制も緩和する計画を明らかにした。

Thai exporters are feeling the pain of Asia's strongest currency

原題:Thailand Cuts Key Rate to Record Low, Takes Steps to Curb Baht(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE