コンテンツにスキップする

仏ソシエテ、利益が予想に届かず-株式トレーディング収入が20%減、

フランスの銀行、ソシエテ・ジェネラルの7-9月(第3四半期)は、株式トレーディング収入が急減し、利益がアナリスト予想に届かなかった。

  6日の決算発表によると、株式トレーディング収入は前年同期比20%減少。同行は「8月の市場の逆風」と仕組み商品への顧客の需要後退が理由と説明した。

Key Speakers At Paris Fintech Forum

フレデリック・ウデア最高経営責任者(CEO)

写真家:Marlene Awaad / Bloomberg

  同行はまた、バルカン半島の一部の事業を閉鎖する費用1億1300万ユーロ(約140億円)を計上。第3四半期純利益は前年同期比で35%減少した。

  ソシエテは依然として、投資および仕組み商品、金融ソリューション、「スマートフロー」活動に関する助言で市場シェア獲得を目指す計画。

  債券収入は株式よりも好調で、前年同期比1%増。 「ファイナンス、金利、クレジットにおける顧客活動の強さ」を同行は指摘した。

  普通株等ティア1比率は12.5%に上昇。引き上げました。12%という2020年の目標は前四半期に達成していた。

  第3四半期純利益は8億5400万ユーロ、予想は9億2900万ユーロ。収入は59億8000万ユーロ(予想は60億8000万ユーロ)だった。

原題:
SocGen Equities Drop Weighs on Earnings as Oudea Revamps Bank(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE