コンテンツにスキップする

香港取引所、7-9月利益が9.5%減ー約3年ぶりの大幅減益

香港取引所が6日発表した7-9月(第3四半期)の純利益は、前年同期比9.5%減の22億1000万香港ドル(約310億円)となり、この約3年で最大の減益となった。香港の抗議活動による社会不安や米中対立による政治的緊張などの影響を受けた。

  発表資料によると、7-9月の売上高およびその他収益は前年同期比2.8%減の39億9000万香港ドルとなった。取引や上場手数料の減少が響いた。

  さまざまな困難に見舞われる中、株式取引が減少。今年の上場件数は2018年と比べ約半分のペースに落ち込んでいる。香港経済は7-9月に大幅なマイナス成長となり、リセッション(景気後退)に入った。ほぼ5カ月間続いている政府への抗議活動が域内経済に打撃を与えたためだ。

HKEX price drops as trading slides

原題:
Hong Kong Exchange Profit Drops Most in Almost Three Years (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE