コンテンツにスキップする
Photographer: Chan Long Hei/Bloomberg

香港での暴力行為、容認できず-中国副首相が林鄭行政長官と会談

  • 香港での5カ月にわたる暴力は法の支配踏みにじる行為-韓副首相
  • 暴力停止と秩序回復に向けて今後も香港政府と警察を支持
Buildings in Kowloon are seen across the Victoria Harbor from the Causeway Bay district at dusk in Hong Kong, China, on Sunday, Nov. 3, 2019. The record weakness facing Hong Kong's hard-hit retailers continued, albeit at a slower pace, in September as violent protests helped push the city into a recession, data released on Nov. 1 showed.
Photographer: Chan Long Hei/Bloomberg

中国の韓正副首相は6日、香港の林鄭月娥行政長官と北京で会談し、香港での5カ月にわたる暴力は法の支配を踏みにじり、「一国二制度」の根幹に挑戦していると表明した。

  韓副首相は、暴力はいかなる国でも容認できず、受け入れられないと指摘。「過激な分離主義勢力」による暴力行為は香港の安定と繁栄、社会全体を損ねていると話した。

  中央政府は香港政府による情勢安定化への取り組みを高く評価しており、暴力停止と秩序回復に向けて今後も香港政府と警察を支持すると同副首相は述べた。

  一方、林鄭長官は香港政府はできるだけ早期に暴力を停止させ、香港社会に平和をもたらす決意だと応じた。

原題:China Vice Premier Says Violence in Hong Kong Can’t Be Tolerated(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE