コンテンツにスキップする
Photographer: Jacob Kepler

米住宅ローン市場に流動性リスク、影の銀行成長で

Rows of houses stand in Las Vegas, Nevada, U.S., as seen in this aerial photo taken on Tuesday, Sept. 22, 2009. The median home price in the Las Vegas area fell 40 percent to a 10-year low in August as sales of foreclosed properties cut the value of single family houses and condominiums, MDA DataQuick said.
Photographer: Jacob Kepler

ムニューシン米財務長官が議長を務め、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長も参加する金融安定監視評議会 (FSOC)は、11兆ドル(約1200兆円)規模の住宅ローン市場で経済に打撃を与えかねない流動性の逼迫(ひっぱく)が発生するリスクがあるとスタッフから報告を受けた。

  高リスク分野を中心とする住宅ローンの組成および債権回収業務でシャドーバンキング(影の銀行)が急成長している状況が、米金融規制・監督機関で構成するFSOCに最近示された懸念の背景にある。

  「住宅ローン市場における流動性の危機」と題する2018年の論文の共同執筆者であるカリフォルニア大学バークリー校のナンシー・ウォレス教授は「現実の脆弱(ぜいじゃく)性がここに存在する。これらの業者の多くが資金的に不安定だ」と指摘した。

  これらの金融業者は、金融ストレスが発生すれば取り下げられるであろう短期の銀行与信に依存しており、住宅ローン業務を縮小せざるを得なくなれば、住宅市場と経済全般に最終的に打撃になりかねないと懸念されるという。

Shadow Banks Dominate the Mortgage Market

They're now the source of most of the loans

Source: Urban Institute

Non-bank origination share of agency-backed mortgages

原題:Mortgage Liquidity Squeeze Flagged as Risk to Powell, Mnuchin(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE