コンテンツにスキップする

韓国情報機関トップ、日米とGSOMIAについて協議-東亜日報

  • 徐薫氏がワシントンで米CIAと内閣情報調査室の当局者と協議
  • 日韓の軍事情報包括保護協定は23日に効力を失う
韓国の徐薫(ソ・フン)国家情報院長

韓国の徐薫(ソ・フン)国家情報院長

Photographer: KIM KYUNG-HOON/Getty Images
韓国の徐薫(ソ・フン)国家情報院長
Photographer: KIM KYUNG-HOON/Getty Images

韓国の情報機関トップである徐薫(ソ・フン)国家情報院長が先週末にワシントンを訪問し、米中央情報局(CIA)および日本の内閣情報調査室の当局者と会談した。韓国の東亜日報が匿名の外交関係者を引用して伝えた。

  同紙によると、徐院長は今月23日に効力を失う日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について日米当局者と集中的に議論したという。

  韓国政府は8月、GSOMIAを破棄する決定を下した

原題:
S. Korea Spy Chief Discussed Intel Pact With U.S., Japan: DongA(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE