コンテンツにスキップする

アップル広告制作のメディア・アーツ、約50人削減

  • 削減対象の多くがアップル新製品の広告を手掛ける戦略部門に所属
  • 唯一の顧客であるアップルのニーズの変化に対応するためと説明
U.S. Retailers In Xiamen As Corporate America Sounds Alarm on Trump’s Threats Over China
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
U.S. Retailers In Xiamen As Corporate America Sounds Alarm on Trump’s Threats Over China
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

アップルが外部広告会社として起用しているメディア・アーツ・ラボが約50人を削減したと事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。唯一の顧客であるアップルのニーズの変化に対応するためだと同社は説明している。

  世界的な広告代理店TBWA\シャイアット\デイ傘下のメディア・アーツは4日、複数の部門で人員削減を実施。削減対象の多くがアップル新製品の広告制作に携わる戦略部門に所属していた。

  メディア・アーツの広報担当は電子メールで送付した発表文で、「当社とアップルの関係はかつてないほど強力になっているが、顧客のニーズが変化を続ける中で、チームの構成を調整し、進化し続ける必要がある」と指摘した。

  アップルのサービスのマーケティング責任者に今年就任したジェフ・エドワーズ氏も退職者の1人。1日に始まった定額制動画配信サービス「アップルTV+(プラス)」の立ち上げに貢献した。

  アップル共同創業者の故スティーブ・ジョブズ氏と長年にわたり緊密に協力し、メディア・アーツを数十年間率いてきたリー・クロウ氏は今年に入り退職していた。

原題:
Apple Ad Agency Cuts 50 Jobs as IPhone Maker’s Needs Evolve (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE