コンテンツにスキップする

米中の当局者、フェンタニル密輸阻止への協調を7日に説明

  • 密輸取り締まりに共同で取り組む姿勢を強調する計画
  • トランプ大統領は中国の譲歩引き出したことを国内にアピールできる

米中両国は幅広い貿易協議の一環として、中国からの合成オピオイド「フェンタニル」の密輸取り締まりに共同で取り組む姿勢を強調する計画だ。トランプ米大統領は中国の習近平国家主席にオピオイド危機の緩和に協力するよう求めていた。

  国務院新聞弁公室の通知によると、中国国家禁毒(薬物禁止)委員会は7日、米当局と共同で捜査したフェンタニル密輸事件の裁判が生中継された後、記者会見を開く予定。同会見で米中当局者がこの事件と、中毒性が極めて高い鎮痛剤フェンタニルに関連する犯罪撲滅の闘いでの協力について説明する。

  トランプ大統領にとって、特に今回のように広く報道されるイベントで、フェンタニルを巡り中国の譲歩を引き出したことが伝えられれば、関税政策で打撃を被った米農家や懐疑的なビジネス界にアピールできる見通し。また、構造改革で中国の譲歩を強く求める政権内の対中強硬派に合意を認めさせようとするトランプ大統領の取り組みも後押しする見込みだ。

原題:China, U.S. Plan Opioid Bust That May Help Trump Sell Trade Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE