コンテンツにスキップする

11月5日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドル上昇、貿易楽観と米指標で米国債利回りにつれ高

  5日のニューヨーク外国為替市場ではドル指数が続伸。米中貿易合意への楽観や良好な米経済指標を受け、米国債利回りがこの日も上昇した。

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%上昇
    • 10月30日以降で初めて200日移動平均線を上回った
    • 米国債利回りにつれ高
    • 米供給管理協会(ISM)非製造業総合景況指数は雇用や受注の改善を支えに、前月付けた3年ぶりの低水準から持ち直し。発表後にドルの上昇が加速した
      • 指数の発表後、金利先物市場が織り込む米利下げの時期は先送りされた
    • オーストラリア・ドルは主要10通貨のうち米ドルに対し最も好調となった
  • ニューヨーク時間午後4時49分現在、ポンドは横ばいの1ポンド=1.2884ドル
    • ポンドは円に対して上昇
    • 英総選挙を控える中で保守党の支持率が上昇、労働党の支持もやや持ち直しの兆候。ブレグジット党は支持低下-BBC放送のトラッカー
  • ユーロはドルに対して0.5%安の1ユーロ=1.1073ドル
    • 日中安値は1.1064ドル
  • 早い時間には、米国が中国への関税の一部撤回を検討しているとの報道を受けて資源国通貨がアウトパフォーム
  • ドルは対円で0.5%高の1ドル=109円16銭

原題:Dollar Gains as Bonds Fall on Trade, U.S. Data: Inside G-10(抜粋)

◎米国株・国債・商品:株価指数は最高値近辺、米国債と金は下落

  5日の米国株式市場で主要株価指数は過去最高付近で推移したが、半数近い銘柄が下げて終えた。米中の貿易交渉に関する材料待ちの中、最新の企業決算や経済統計を消化した。米国債市場では10年債利回りが9月以来の高水準に達した。原油先物は3日続伸、金は1オンス=1500ドルを割り込んだ。

  • 米国株は半数近く下落も最高値付近-決算と経済統計を消化
  • 米国債は下落、予想より強いISM非製造業指数が影響
  • NY原油先物は続伸、6週ぶり高値ー米中合意に期待
  • NY金先物は続落、約1カ月ぶり大幅安-逃避需要が後退

  S&P500種株価指数は前日比0.1%下げて3074.62。ダウ工業株30種平均は30.52ドル(0.1%)高い27492.63ドル。ナスダック総合指数は0.1%未満の小幅上昇。米国債市場では10年債利回りが8ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.86%。

  S&P500種の採用銘柄では金融やエネルギーが上昇した一方、ヘルスケアや不動産は軟調。ダウ平均は前日に続いて過去最高値を更新。10月のISM非製造業総合景況指数が予想を上回ったことを受け、株式相場はいったん上昇したが、12月の追加利下げ期待が薄れるのに伴い、上げ幅を縮小した。

米中の見通し

  このところ投資家の間には、貿易戦争に前向きな兆候が出てきたとして強気ムードが広がっている。堅調な企業決算に成長持ち直しへの期待が加わったところに、リスクオンのローテーションが進行。習近平国家主席とトランプ大統領が合意書に調印する場所を中国側が検討していることが、事情に詳しい関係者によって明らかになっている。

  パーソナル・キャピタルの最高投資責任者(CIO)、クレイグ・バーク氏は「貿易関連のニュースを巡って市場はにわかに活気づいたが、一歩引いて、今後の展開を予想するのは非常に困難だということをあらためて意識した」と指摘。「いわゆる第1段階の合意をまとめるには楽観するべき理由と同様に、それなりのリスクも存在する」と説明した。

  米国債市場では2日連続でベアスティープニングが進行。ISM非製造業総合計教師数が予想を上回ったことに促された。3年債入札は堅調な結果となった。今週は10年債と30年債の入札が予定されている。

  ニューヨーク原油先物相場は3日続伸し、6週ぶり高値。米中の貿易交渉が合意書の署名に向けて進展しているとの楽観は続いている。石油輸出国機構(OPEC)は向こう数年間の生産見通しを下方修正した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物12月限は69セント(1.2%)高い1バレル=57.23ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント1月限は83セント高の62.96ドル。

  ニューヨーク金先物相場は続落し、約1カ月ぶりの大幅安。米中の貿易交渉進展への期待が広がったほか、米ISM発表の非製造業景況指数が10月に予想以上に上昇したことで、金などへの逃避需要が抑えられた。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は1.8%安い1オンス=1483.70ドルで終了。

原題:Stocks Flirt With New High on Earnings, Trade Talk: Markets Wrap(抜粋)

Treasuries Extend Bear Steepening After Solid U.S. Services Data(抜粋)

Oil Rises to Six-Week High Amid U.S.-China Trade Deal Optimism(抜粋)

PRECIOUS: Gold Posts Biggest Loss in a Month on Trade Optimism(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債下落、国債発行や市場予想上回る米統計で

  5日の欧州債市場はドイツ債を中心に中核国債がベアスティープ化。国債発行や市場予想を上回った米統計が手掛かりとなった。

  • ドイツ債は下落。10年債利回りは7月18日以来の高水準となった。米ISMが発表した非製造業総合景況指数はブルームバーグがまとめた市場予想の中央値を上回った。これを手掛かりに米国債は下げを拡大した
    • 中国は2004年以来となるユーロ建て債(7年、12年、20年物)を起債。投資家から約200億ユーロの需要を集めた
  • イタリア債は小幅安、他の周辺国債のパフォーマンスを下回った
  • 英国債はベアスティープ化した
  • ドイツ10年債利回りは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上げてマイナス0.31%、フランス10年債利回りは2bp上げてマイナス0.02%、イタリア10年債利回りは2bp上昇の1.02%
  • ユーロ参加国の国債利回りとスプレッドの一覧はこちらをクリックしてください

原題:Bunds Fall Amid Debt Sales, U.S. Data Beat; End-of-Day Curves(抜粋)

(NY外為と米国株・国債・商品を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE