コンテンツにスキップする

米貿易収支統計、9月は対中で輸出入が急減-追加関税が影響

更新日時

米国の中国との貿易は9月に大きく減少。トランプ大統領が消費財に対し追加関税を賦課し、貿易戦争がエスカレートしたことで、両国とも輸出が大きく落ち込んだ。米商務省が5日発表した。

キーポイント
  • 米国の財の対中貿易赤字(季節調整済み)は280億ドルに縮小
    • 輸入は前月比4.9%減の370億ドル-約3年ぶり低水準
    • 輸出は10%減-5カ月ぶり低水準
  • 財とサービスを合わせた全体の米貿易赤字は525億ドルに縮小(市場予想とほぼ一致)-5カ月ぶり低水準
    • 輸出は0.9%減の2060億ドル
    • 輸入は1.7%減の2584億ドル
U.S. trade with China tumbled in September amid intensifying standoff

  9月1日付で約1100億ドル相当の中国製品に対する15%の輸入関税が発動され、今回の統計に反映された。この輸入関税では「アップルウオッチ」や衣料品、履物などが対象となった。企業は関税を回避するため、発動前の段階で在庫を積み増していた可能性がある。

  大豆の輸出は10億ドル減。自動車・同部品の輸出もほぼ同額減った。消費財の輸入は25億ドル減少し、資本財は11億ドル減った。

  米国では国内の産油量が増加しており、現在では純輸出国となっている。9月の石油の貿易収支は2億5200万ドルの黒字。輸入が減少した。石油の貿易収支が黒字となるのは統計を取り始めた1978年以降で初めて。石油を除く財の貿易収支では、赤字額が708億ドル(前月728億ドル)に縮小した。

  1-9月の財とサービスを合わせた貿易赤字は4813億ドルと、前年同期の4565億ドルから拡大。旅行やビジネスサービスといったサービスの輸入が増えた。サービスの輸入は9月、過去最大の499億ドルとなった。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:
U.S. Trade With China Tumbled in September After Fresh Tariffs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE