コンテンツにスキップする

OPEC、今後数年間の世界シェア縮小を予想-米産シェールが躍進

  • 2023年のOPEC産石油生産見通しを15%下方修正
  • OPEC産石油需要、2024年まで毎年縮小を予測

石油輸出国機構(OPEC)は向こう数年間の生産見通しを下方修正した。米国からのシェールオイル供給が拡大し、2020年代半ばまでは世界市場におけるOPEC産石油のシェアが縮小すると予想している。

  OPECが発表した年次報告書「世界石油見通し」によると、今後4年間でOPEC産石油への需要は約7%の縮小が見込まれている。産油量は2023年に日量平均3270万バレルまで落ち込む見通しだ。

  2019年から23年の年間OPEC産石油需要見通しは、平均で毎年日量約500万バレル、16%相当下方修正された。見通し引き下げはOPEC加盟国に変動があったことも影響した。カタールは今年初めに脱退した。

  OPECは引き続き、米国産石油の生産拡大から厳しい圧力を受ける見通し。米国はテキサス州やノースダコタ州などで使用されている「水圧破砕法(フラッキング)」により世界最大の産油国となった。

  同報告書は、「中期的にはOPEC非加盟国の石油供給の伸びをけん引するのは、今後も圧倒的に米国のタイトオイル(シェールオイル)だ」と指摘した。

  米国産シェールオイルの生産量は2025年までに40%超拡大し日量1700万バレルに到達する見込み。昨年時点の予想から日量310万バレル引き上げられた。25年には1日当たりの世界石油生産の5分の1を米国が占めると予想されている。

OPEC in Decline?

Group sees need for its oil falling each year until 2024

Source: OPEC

原題:OPEC Sees Its Market Share Shrinking for Years as Shale Triumphs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE