コンテンツにスキップする

英スコットランド民族党、ハングパーラメントなら労働党支持へ

更新日時
  • LDPはコービン労働党首の首相就任を支持しないと言明
  • スコットランド民族党、保守党支持は「いかなる状況でも」ない

スコットランド民族党(SNP)のスタージョン党首は5日、12月の英総選挙でいかなる党も過半数を獲得できないハングパーラメントとなった場合は労働党を支持する可能性を示唆した。

Nicola Sturgeon Addresses Indyref2 Rally

スコットランド民族党のスタージョン党首

  BBC放送とのインタビューで、ハングパーラメントなら議会の勢力図を決定づける強力な立場にSNPが立つことになると発言。他党が主導する連立政権に正式に加わることはないと述べ、いかなる状況においても保守党を支持することはないと言明した。

  別の野党、自由民主党(LDP)のスウィンソン党首は、ハングパーラメントとなった場合に労働党のコービン党首の首相就任を後押しするような協定を結ぶことは「絶対に」ないと断言。欧州連合(EU)離脱問題でコービン氏を信用してはいないと述べた。ただ、労働党が別の首相候補を立てる場合には言及しなかった。

  

原題:Hammond Quits Parliament After Expulsion by Johnson: U.K. Votes(抜粋)

(LDPの動向を加えます)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE