コンテンツにスキップする

米ブラックリスト掲載の中国メグビー、IPO延期を検討-関係者

  • 投資家がメグビー株購入に二の足を踏んでいると関係者
  • メグビーとセンスタイムは米ブラックリストの指定解除目指す

米政府のブラックリストに掲載された中国の人工知能(AI)スタートアップ企業、北京曠視科技(メグビー)は直近の資金調達で40億ドル(約4350億円)と評価された企業価値を維持できるか不確実なことを踏まえ、新規株式公開(IPO)を遅らせるかどうかを検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  メグビーは11月に計画している香港IPOを進めるか延期するか、複数のアドバイザーと話し合っている。非公開情報だとして匿名を条件に関係者が語った。関係者の1人によると、投資家がメグビー株購入に二の足を踏んでおり、35億ドルの評価額確保すら難しい可能性があるという。

  メグビーや同社最大のライバル、センスタイム・グループ商湯科技)は中国で最も急成長しているテクノロジーの新興企業だが、中国国内のイスラム教徒に対する人権侵害に関与しているとして、両社などを重要な米国製テクノロジーへのアクセスを禁止する「エンティティーリスト」にトランプ政権が掲載したことから、今後が危ぶまれている。

  メグビーとセンスタイムはブラックリストからの指定解除を目指しており、不正行為はしていないと主張している。

  事情に詳しい関係者が先に述べていたところによれば、アリババ・グループ・ホールディング創新工場が出資しているメグビーは、直近の資金調達ラウンドで40億ドルの価値があると評価された。

原題:
China’s Megvii Is Said to Weigh IPO Delay on Blacklist Concerns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE