コンテンツにスキップする

マレーシア中銀、政策金利を3%に据え置き-政策面での行動余地残す

  • エコノミスト25人のうち、16人が据え置きと予想
  • 「金融政策のスタンスは引き続き緩和的で経済活動に支援的」-声明

マレーシア中央銀行は5日、政策金利の据え置きを決めた。世界経済が悪化した場合に備え、今後数カ月に行動できる政策余地を残した。

  中銀は今年最後の政策決定会合で、翌日物金利を3%に維持すると決定。ブルームバーグがエコノミスト25人を対象に実施した調査では、16人が据え置き、9人が0.25ポイント利下げを予想していた。

  中銀は現行の金利水準にあって「金融政策のスタンスは引き続き緩和的で経済活動に支援的」だと声明で説明した。

原題:
Malaysia Central Bank Keeps Key Rate Unchanged as Risks Mount(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE