コンテンツにスキップする

香港政府、逮捕された抗議活動参加者の恩赦を一時検討-RTHK

  • 行政長官は違反者に間違ったシグナルを与えたくないと明言
  • 中国の習国家主席は林鄭行政長官の指導力を支持

香港政府は数カ月に及ぶ抗議行動中に逮捕したデモ参加者を恩赦する可能性について一時検討したと、地元放送局の香港電台(RTHK)が関係者からの情報として報じた。政府がいつ検討したのかは伝えていない。

  RTHKはこの問題に関する行政長官弁公室からの回答を引用し、香港基本法は犯罪行為で有罪となった人物を恩赦する権限を行政長官に付与しているが、行政長官は違法行為をしても恩赦されるとの間違ったシグナルを送りたくないと明言したと報じた。

Hong Kong’s Lam Dismisses ‘Malicious’ Report She’ll Be Replaced

香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官

Photographer: Paul Yeung/Bloomberg

  中国国営の新華社通信によると、中国の習近平国家主席は香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官と上海で4日に直接会った際、同長官の指導力を支持し信頼していると伝えた。

  習主席は林鄭長官に対し、同長官が状況を落ち着かせる上で香港政府を主導し、混乱の中で多くの困難な仕事をこなしたと話したという。

原題:Hong Kong Govt Had Considered Pardoning Protesters: RTHK、China’s Xi Backs Lam’s Leadership Amid Hong Kong Protest Chaos(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE